最近の記事



プロペシアは病院で処方して貰いましょう

発毛薬である『プロペシア』は日本では、
医師の診察と処方なしでは手に入れることが
出来ません。

ですから、『プロペシア』自体の薬代と、
医師の診察・検査料が必要になります。

保険が適応外のために、全て自費での負担と
なり、診療報酬や薬代は病院によって多少
異なります。

使用していくと、かなりの出費となりますね。
でも、薄毛を何とかしたいと思えば安いもの??

薬代と診療代をやすくしようとして、
海外から個人輸入して使用する場合も
あるようです。

個人で海外の薬物販売業者から輸入してくるの
ですね。
これは違法では?
と思う人もいるでしょう。
何せ、医師の診察も検査もなく手に入れる方法です。

ただ個人輸入に関しては、グレーゾーンとなりますね。
違法ではない、取り締まる法律が整備されていない。
と言うべきでしょうか。

もちろん輸入によって手に入れた『プロペシア』は
個人で使用する場合に限ります。
もし輸入した『プロペシア』を他人に販売したら、
完全に違法行為になります。

ただ、『プロペシア』は男性型脱毛症の治療薬ですから、
これに該当しないと、飲んでも効き目は現れませんよ。
それに服用する量も個人輸入だとあいまいなことに
なりかねません。

医薬品である以上、副作用は気をつけないと、
もし副作用が発生しても、薬の入手経路や
果たして薬の純度は守られているのか?
不純物は混入していないのか?

究極は、それはホントに『プロペシア』なのか?

色々なことが不明なままとなります。

私の結論としては、『プロペシア』を使用する場合、
日本の病院で診察・検査を行って使用するほうが
安全安心と言えますね。

ひらめき信頼の最先端治療と安心の発毛治療実績


発毛薬を使用する時には、正しく使用して
適量を守らないとね。



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアはAGAの治療薬です

AGAがよくテレビで宣伝されています。
もちろん『プロペシア』のコマーシャルですがね。

薄毛のことをAGAと呼ぶと思っている人も
いるくらい宣伝が多いです…。

しかしAGAは「Androgenetic Alopecia」の略で
『男性型脱毛症』のことです。
男性型ですから、男性の脱毛です。

一般的に男性に多くなる、前頭部の生え際から
頭頂部が薄くなっていく、進行して行く脱毛です。

AGAの厄介なところは、何も手を打たないと
進行して徐々に脱毛範囲が拡大していくことです。

だからと言って男性の薄毛が全てAGAでは
ありませんよ。

AGAの治療薬として、注目されているのが
『フィナステリド』と呼ばれる薬剤です。
『プロペシア』の商品名で発売されている
治療薬ですね。

日本では医薬品の指定を受けて、
医師の処方なしには販売できません。

自分の薄毛がAGAかどうか分からずに
『プロペシア』を使用しても無駄になるので、
医師の診察の元、AGAと診断されて処方されます。

医師の処方が必要な医薬品には当然、
副作用の心配が発生します。

現在のところ、私が調べた限りでは重篤な副作用は
出ていないようですが、男性の勃起不全が副作用として
予想されるようです。
ただ、勃起不全の発生が確認されたかどうかが
定かではないようで、医師の管理下で使用する限り、
あまり過敏に心配する必要はなさそうですね。

女性には、当たり前ですが処方されませんよ。

薄毛で悩んでいて、『プロペシア』を考えている人は、
病院で診察を受ける必要があります。
残念ながら、保険の対象外ですので、診察や処方は
100%自己負担です。

頭髪専門の病院もありますので、調べてみましょう。

ひらめき信頼の最先端治療と安心の発毛治療実績


資料請求や無料カウンセリングなどを利用して、
事前に知識を持つことも必要でしょうね。



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアは国内で処方して貰いましょう

飲む発毛薬『プロペシア』は医師の診断なしには日本国内で
購入することが出来ません。

『プロペシア』が魔法の薬ではないことはわかっています。
でも、薄毛に悩む方にとっては試してみたい薬であることには
変わりなく、実際に国内での認知度もかなり上がって、使用者も
多くなってきていますね。

日本国内で『プロペシア』を購入しようとすれば、まず病院に
行って医師の診察を受けます。
検査も行って、医師が処方して大丈夫と判断すると、手に入れる
ことが出来るのです。
少々面倒ですが、今のところこのプロセスは必要なのですね。

ところが、海外から個人輸入という方法で医師の診断なしに
『プロペシア』を入手する方法があります。
インターネットを使い、海外の業者から直接購入します。
実際には、サイトも日本語で書かれていて、日本の輸入代理店が
存在して仲介をしている場合が多いですね。

この方法だと、病院に行く手間が省け医師の診察・検査の手間も
省けます。
つまり病院に掛かる費用が要らなくなるのです。
そして『プロペシア』自体も『ジェネリックプロペシア』と言う
もので、日本で購入するよりも安く手に入るのが、一般的です。

しかし私個人としては、この方法で『プロペシア』を入手するのは
大反対です。
まず何故医師の診察が必要なのか…
副作用の心配があるからですよね。
今のところ、購入のたびに医師のチェックが必要なので、
大きな副作用の発生がないのでは…

また、海外からの輸入品の品質は確保されているのでしょうか。
特に、『ジェネリックプロペシア』は製造している国や製薬会社が
信頼できるのかどうか、調べることが出来ますか?
きちんとした製造過程で品質の検査が行われているのかどうか?
信頼できるデータを公表しているのでしょうか。

疑問はかなりありますよ。
ただ病院に行く手間や診察料・検査料を節約する為に、信頼性に
疑問が残る薬を飲むのは、如何なものでしょう。

もちろんあなたが調べて大丈夫と判断したのなら、結構でしょう。

過去発毛薬ではありませんが、個人輸入で手に入れた薬での
薬害がかなり報道されています。
品質の面でと、使用法の指導がなされないことでの薬害と、
両面発生しているのですね。
健康になろうとして飲む薬が、健康を害してしまう原因になるのは
避けないといけませんね。

『プロペシア』を試したいなら、きちんと病院で診察・検査を
行って処方された物を飲むことをお勧めしますよ。

世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!


私なら、資料請求して疑問点を色々と質問し、試す気持ちが固まると
実際に病院を受診します。
行動するにも、事前に知識は仕入れて話を聞きに行きますね。

育毛にとって行動することは何より必要なことですが、
事前に調べてから行動するのは、失敗のリスクをかなり下げます。



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

思い込みでなく発毛薬を理解しましょう

発毛薬に対して過度の効果を期待している方が多いのは、
その言葉の捉え方がいかにも「生えそう!」と言うことだからで
しょうかね。

発毛薬、発毛剤、医薬品、などの言葉には、何か効き目が
すごそうな響きがあります。

「リアップ」「プロペシア」などの製品名で世に出されている
医薬品は確かに効き目があるのは、否定しません。
しかし万人に効くと言うことでもないのは、使用した方であれば
理解しているでしょう。

これらの医薬品を、髪の毛母細胞に働きかけて、強制的に
髪の細胞を分裂させて、髪の毛を生やすと思っている人も
実は多いのです。

髪の細胞分裂の誘発剤のように思っているのですね。

「リアップ」の成分である「ミノキシジル」は血管を拡張させる
働きがあり、頭皮から吸収させて毛根部分の血管を拡張させて、
血流量を多くします。
その結果、毛根部分の血行促進を行い活性化をはかるのですね。

「プロペシア」の成分の「フィナステリド」は細胞分裂を
誘発させる薬ではありません。
髪の毛を生やす薬ではなく、脱毛を抑える薬です。
脱毛が多くなる因子を「フィナステリド」はブロックして
働きを抑えます。
その結果として、脱毛が少なくなり正常なヘアサイクルが確保され、
髪の毛が生えるにしたがって、髪の毛が増えてきます。

当然薬効には個人差がありますし、特に「プロペシア」は医師の
処方がないと日本では販売されません。
これはどうしても副作用の心配があるからですね。
今のところ、大きな副作用は報告がないようですが、処方の度に
医師のチェックが入るためではないでしょうか。

万能な魔法の発毛薬では決してないので、使ってみたいと思う方は、
個人判断はせずに、専門の医師に相談することですね。

海外から個人輸入で手に入れる人もいるでしょうが、これには
必ずリスクが付いてきますよ。

ぜひ、まずは必要な資料を取り寄せたり、相談したりして、
自分の症状に適応するかどうかを確かめてみましょう。

世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!


頭髪専門の医師による相談が受けられます。
自分の思い込みで判断せず、資料などで確かめてみましょう。



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアやリアップのような医薬品でも時間は掛かります

医薬品である発毛剤『リアップ』『プロペシア』は夢の発毛薬
として、発売されてかなり売られてきています。

実際に使用した方も多く出てきていますから、効果の程も
実証されてきていますね。

一般に売られている薬用の育毛剤と効果の程がどの程度違うのか、
使う側からすると、気になります。

結論から言うと、その差は分からないと言うことです…

一般に売られているものは医薬品と違って、統計的な数字が
正確に出ておらず、おおよその%でしか分からないのですね。

ただ、プロペシアにしてもリアップにしても使えば直ぐに
効果があるというものではありません。
その点では一般の育毛剤と同じと言えます。

いずれも最低でも半年は使用する期間が必要となっています。
実際はそれ以上必要になる場合がほとんどと聞いています。

そして、プロペシアやリアップだけで発毛の効果を出すのは
難しいことが多いとも思います。
生活面や頭皮の清潔さを無視して、ただ使うと言うことでは、
効果は半減するでしょう。

いずれも価格は安くはないです。

使うならその効果を最大限発揮できるように、他の環境も
最適にしてプロペシアやリアップを使用するようにしましょう。

そうなれば使ってみたけど、さっぱり効かないというような
ことにはならないと思いますよ。


↓色々と実績を調べてみると良いでしょうね。
この効果は本当か!医療による驚愕の発毛実績!

資料請求、無料カウンセリングなどを利用するとなお詳しく
知ることが出来ます。


↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアの副作用

医薬品として始めて服用するタイプの発毛薬である、
『プロペシア』は医師の処方箋がないと手に入れることが
出来ません。

プロペシアを始め、医薬品にはたいてい副作用の危険があります。

使用法によっても副作用は出やすくなりますので、正しく使用する
ことで危険性は低くなる可能性があります。

医師の処方が必要な医薬品については、その危険性が心配され
専門家の管理下で使用する必要があると判断しているのですね。

プロペシアの副作用として言われているのが、男性の精力減退、
勃起不全です。

ただ、この副作用についてはいまひとつ実体が見えません。

言われてはいますが、発生した事実が確認されないのです。

専門家のサイトを調べてみても、精力減退、勃起不全の
副作用の発生は出ていません。

思うに、もともとプロペシアが前立腺の治療薬として使われていた
ことに、前立腺⇒男性器の関連から、男性器⇒精力減退、勃起不全
となったのでは?などと勝手に思っています。

人によっては、勃起不全の副作用を予防する為に、バイアグラと
併用してプロペシアを服用している人がいるそうです。

しかしこの服用の仕方は、医師に確認を取ったのでしょうか?

薬の併用はかなり危険なことがありますから、医師や薬剤師に
必ず確認して行わないとね。

でも、そもそもプロペシアに勃起不全の副作用が確認されて
いませんから、バイアグラと併用すること自体が無意味と
言えなくもありませんが…

プロペシアのメーカーのサイトで確認すると、消化器に副作用の
発生が予想されるようですが、この副作用の発生はきわめて
低いようです。
でも、副作用が0ではないので、やはり医師のアドバイスは
必ず必要となりますよ。

プロペシアについて、どうしても病院に行って医師の診察を
受けないと手に入らないのが面倒で、海外からの個人輸入を
行っている人もいるかもしれません。

でも、でもこの行為は止めるべきです。

海外の製品で問題ないものもあれば、非常に粗悪なものもあります。

粗悪なものは製造過程でに不純物を含んでいて、身体に思わぬ
ダメージを与えることがありますよ。
多くは、肝機能障害が多いのですが、髪の毛は生えないは肝機能は
阻害されるはでは、どうしようもありませんね。

バイアグラもそうですが、正規のルートでの入手を必ず行って
ください。


プロペシアなど、医薬品での発毛について詳しく知りたい方は、
資料請求、無料カウンセリング、メール相談を利用しましょう。
↓↓↓
世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!


↓実績はこちらから
国内初 経口発毛薬の治療実績!



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアの価格

飲む発毛薬『プロペシア』は病院に行って医師の診察を受けないと
手に入れることが出来ない薬です。

病院で診察するのですが、健康保険は使えません。

つまり完全に自費診療になります。
全ての費用が自己負担になってしまうのですね。

まあ、行ってみれば美容整形みたいなものでしょうか?

気になるのは、その費用つまりプロペシアの価格です。
自由診療である以上、保険で決められていませんから、
取り扱う病院で、価格に差が出ます。
プロペシアの仕入価格が病院によって異なるのでしょう。
病院での販売価格もまちまちですよ。

こう言うと、普通の商品を買うのに似ていますね。

さて、プロペシアの価格は、安いところと高いところとある訳で、
調べたところ、1錠当たり250円〜300円といったところです。

この値段が高いのか安いのか、使う方の考え方一つでしょう。

1日1錠服用することになるので、だいたい1ヶ月にかかる費用は
7500円〜9000円ほどが、プロペシアの値段となりますね。

ただこの他、病院での初診料、診察料等が別途かかります。
もちろん診察料も健康保険の使用は出来ませんから、自己負担が
100%になります。

そして、通常最低でも半年は効果が出るまでに期間が必要と
言われています。
公表されている数値は3年間での発毛率ですから、かなり長期に
わたって使用することになりますね。


↓プロペシアなど詳しく知ることが出来ます。
国内唯一の頭髪治療専門病院

もっと詳しく知りたい方は、資料請求、無料カウンセリング、
メール相談を利用してたずねましょう。

国内初 経口発毛薬の治療実績!




↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアの効果

ミノキシジルとおなじく、医薬品として認可された発毛薬です。
もうテレビでかなり宣伝されていますから、薄毛が気になっている
方で知らない人はいないでしょう。

ただ今までの育毛剤と違うのは、プロペシアは飲むタイプの
発毛薬だということです。

プロペシアについても、ミノキシジルと同じように、効果が
あったと言う人と、なかったと言う人がいます。

プロペシアは製品名で、化学的には『フィナステリド』という
薬品です。

プロペシアの効果は、男性型脱毛症の抜け毛に関係する酵素の
働きを阻害して、抜け毛を防止して発毛に結びつけるものです。

どの程度効果があるかと言うと、進行を止めるという点で見ると
海外では3年で98%の人に効果があったとされています。

日本での試験では78%の人に効果があったとされています。

発毛の観点から見るとどうかと思えますが、まずは進行を
止めるということであれば、効果はかなり期待できると
数字的には判断できますね。

ただ、この数字の条件設定が分からないので、プロペシアを
飲むだけで、後の生活面や頭皮の清潔さなどを無視して
この数字なのかは不明です…

プロペシアについては、薬局での購入も出来ません。
病院で医師による診察を経ないと、処方されませんよ。


↓資料請求、メール相談、無料カウンセリング利用できます。
世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!


生活改善薬”プロペシア“ 驚愕の臨床例を誇る医療機関とは!




↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

医薬品であるミノキシジルは副作用があります

医薬品である『リアップ』の有効成分ミノキシジルは、
血管を拡張させる作用があります。

もともとミノキシジルは高血圧症の方の治療薬として
使われていたもので、ミノキシジルの薬効で血管を拡張させて
血流を多くして血圧を下げる働きがあります。

髪の毛を発毛させるには、毛根部分の血行を良くすることは
とても重要なことです。
『リアップ』はこの血行を血管を拡張させることで
改善させています。

ただ、薬効が高い薬には強い副作用があることは、多くの
薬で分かっているように、ミノキシジルも副作用があります。

血管を拡張させる作用で、血流量が変化しますので、心臓への
負担が少し出るようです。
動悸やめまいなどの副作用が出るような報告がありますよ。

このため、日本では当初の5%の濃度から1%の濃度へ変更して
副作用が出にくいように製品化したようですね。

実際発売して、副作用の報告はごく軽微なものと報道されています。

でも、薬効は当然5%のものと比べると、落ちますわね…

海外では、ミノキシジルは5%の濃度で入っている発毛剤が多く、
日本でもこのたび5%の濃度のミノキシジルが入った『リアップ』
が発売されました。

当然、副作用の危険は高くなっています。

使用に当たっては、用法用量を守らないと、副作用が出ては、
何のために発毛薬を使用しているか、分からなくなりますね。



↓病院への発毛相談は、信頼の最先端治療と安心の発毛治療実績
国内唯一の頭髪治療専門病院

メール相談、資料請求、無料カウンセリングOKです。



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

抜け毛を止め髪を発毛させる薬

医薬品の分野になる発毛薬は『ミノキシジル』『フィナステリド』
ですが、ミノキシジルは日本ではリアップとして薬局でよく見かけ、
今でも人気のある発毛薬です。

すでに発売以来数年が経って、その発毛効果についても賛否
さまざまな意見が出ています。

抜け毛が止まって、髪の毛が生えてきたという意見。
抜け毛は止まったような気がするが、発毛まではしなかった。
抜け毛も止まらず、発毛もしなかった。

まあ、180度違う意見があります。

他の医薬品にはあまり見られない、効果のばらつきがありますよね。

薄毛は痛くもかゆくもなく、熱も出ません。
つまり体調は全く異常がないのです。
ただ、髪が薄いと言うだけです。

このことが、使用する人の使い方の問題が出やすいことにつながり、
使用する条件が変化してしまうことで、効果のばらつきが出る
ことにもなります。

毎日一定量必ず使用すると言うような、最低条件をも守ってなくて
使ってみたり、止めてみたり、酒を飲んで帰った時は忘れたり…

使うときに、頭皮をきれいにシャンプーしているかも重要な
ことですし、いくら医薬品と言っても食生活が乱れていては
効果もなかなか出にくいですしね。

使う条件をしっかりと吟味して使うことも、薬の効果を出すには
必要なことです。

もっとも最初に重要なことは、発毛薬の適応症なのかどうかが
確認されているかどうかですね。


世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!
医師による発毛を調べるなら、こちらから
↓無料カウンセリング、資料請求も出来ます。
国内唯一の頭髪治療専門病院


↓症例はこちらからどうぞ
信頼の最先端治療と安心の発毛治療実績



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

医者も薄毛に悩んでいます

十数年前、まだ私が育毛・増毛業界にいたときのことです。

相談に来店される方の中に、かなりの数、医師の方がいました。
専門はまちまち、整形外科の医師や内科、小児科、心療内科…
その中に皮膚科の医師もいたのには最初驚いたものです。
頭皮の関係は病院では皮膚科になりますからね。

医学的に専門家で、もちろん私よりも何倍も医学生理学に
詳しいのは当たり前です。

相談を受けている時に、私もどうしても気になっていたので、
まあ、失礼を承知で聞いたことがあるのが、
「病院の薬では髪の毛を生やすことは出来ないのでしょうか?」
実に失礼な質問ですね。

こんな質問をしたことが会社にばれたら、かなり怒られたでしょう。

聞いた医者の方の答えが、「出来たらここには来ないよ」でした。
ごもっともなお答えでした…

この頃は『ミノキシジル』や『フィナステリド』は、まだ日本で
認可されていなかったのです。

円形脱毛や、他の病気が原因で髪の毛が薄くなっているものは、
当時の皮膚科でも薬はあったようです。
しかし男性型の脱毛など、一般的な薄毛には対応できる薬は
なかったのですね。

今は、『ミノキシジル』『フィナステリド』が認可され、
製品化して入手することが出来ます。

ただ、この医薬品にしても万能ではありません。
薬の適応症があります。
これを無視してなんでも効くと思うと、残念な結果になります。
もっと怖いのが医薬品には使い方で、副作用が出てしまうことです。

『フィナステリド』は今は医師の処方が必要ですから、診察して
もらわないと購入は出来ません。
このため『フィナステリド』の適応症かどうかは、医師が判断
できますから全くの的外れにはならないでしょうがね。



↓信頼の最先端治療と安心の発毛治療実績
国内唯一の頭髪治療専門病院

無料カウンセリング、資料請求、メール相談OKです。



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアの使用は専門の病院で相談しましょう

飲む育毛剤として有名になってきた、『プロペシア』

プロペシアは製品名で、薬品の名前では『フィナステリド』
となります。

この薬は手に入れようとすると、医師の処方が必要になります。
一般的な育毛剤のように、薬局に行って購入すると言うことが
出来ません。
薬局に行っても売ってはくれません…
病院に行って、医師の診断をして貰い、始めて処方して貰えます。

何故、医師の処方が必要かは薬としての効き目と副作用との
関係かあります。
プロペシアは男性型脱毛症に効き目があるとされていて、
女性の方は使用が出来ません。

また、男性でも脱毛症によっては、効き目が出ない症状もあり、
その見極めが必要になってきます。

このため医師が直接診察して判断する方法が取られているのですね。

ですから、プロペシアを万能な魔法の発毛薬と思っていると
間違いです。

プロペシアについてもっと詳しく知りたいと思っている方、
自分の薄毛に効くのかどうか知りたいと思っている方、

頭髪専門の病院で相談すると良いでしょう。

ここは他の診療科目がありません。
頭髪のみの診察です。
いくつかの地域に病院が開院しているので、実際に診察に
行かれるのも良いでしょうね。

資料請求やメール相談も受け付けています。

世界が認めた医師チームによる髪の最先端治療!


使用してみようかと考えている人は、まず相談してみると
良いでしょう。



↓ぜひ、ポチッと応援宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院

プロペシアは医師の処方が必要な飲む発毛薬

3年ほど前から、頭につける発毛剤ではなく、
飲む発毛薬が販売されるようになりました。

『プロペシア』の名前で医師の処方によって
使用できます。

飲む発毛薬はこれが最初ではないでしょうか?

医薬品としてはですね。

サプリメントとは違いますよ。


この『プロペシア』も数年前から個人輸入で
手に入れている人もいました。

1錠がかなり高く、私の記憶では1錠数千円
したはずです。

1錠飲んでも発毛はしないので、かなり費用が
掛かったはずですね。

今は医師の処方で購入すると、1錠2〜3百円
ではないかと思います。

さて、この『プロペシア』は『フィナステリド』
と呼ばれる薬剤で、最初は発毛薬ではなく、
男性の前立腺肥大症や前立腺ガンの治療薬として
世に出てきました。

これがミノキシジルと同様に発毛効果があるのが
分かり、男性の発毛薬として認められたのですね。

使用に当たっては、医師の処方が必要になりますから、
薬局に直接行っても売ってはくれません。

この薬も当然副作用があります。

精力減退の副作用が…

ただ、私が調べた限りでは、副作用が大きく出た
と言うことは今のところないようです。

おそらく、医師の管理の下使用されているから
ではないかと思われます。

それと、この薬…
成人男性専用です。
女性や未成年者には処方されません。

大体、皮膚科や内科で処方して貰えるはずですが、

専門的に頭髪のみ診療科目として診ている病院が
あります。

全国的にも珍しいですね。

近くにそういった病院があればいいですが、
たぶん探すのに苦労するでしょう。


国内唯一の頭髪治療専門病院

東京、名古屋、大阪、福岡に専門病院があるようです。

無料カウンセリングや資料請求も可能ですので、
発毛薬に興味がある方は請求してみると良いでしょうね。

posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪専門病院
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。