最近の記事



東洋医学的な考え方

東洋医学的な考えでは、ハゲを狙い撃ちして治す様な薬は
ありませんが、それは症状のみに囚われない考えがあるからです。

熱が出たら解熱剤、頭が痛いと頭痛薬というように、症状=薬と
ならないのが東洋医学ですね。

熱が出ている時に、その患者の状態で薬が変わってきます。
熱が高いか、そうでもないか。
身体は元気があるのか、かなり弱っているのか。
顔が熱で赤くなっているか、青くなっているか。
など患者の状態(証といいます)によって処方される薬が変わって
くるのですね。

頭痛がするときも、どの状態で頭痛が起こっているのかを考えます。
風邪で頭痛がするのか、肩や首のコリが強くて頭痛がするのか、
身体が冷えて頭痛がするのかなどで、薬が変わります。

実に複雑で、同じ症状でも患者ごとに薬の種類が変わるのが、
今一分かりづらいといわれるところです。

また病気の原因を直接叩いて病気を駆逐すると言うことでは
ないようで、インフルエンザにはタミフルでウイルスを攻撃する
と言うようなものがないのです。
インフルエンザに対しても、身体の免疫力を上げて身体に
備わっている力でウイルスを攻撃するというような考えです。

ですから、急性なものには少々使いづらいのではないでしょうか。

慢性化したものに対しては、その患者の状態を見ながら処方出来、
驚く程体質に合った効き目を発揮してきます。

また、漢方薬には副作用がないと言われますが、これは間違いです。
薬である以上、副作用はあります。

では何故副作用がないと言われるのでしょう。

それは、漢方薬が実に多くの生薬を複合的に作用させている
点にあるでしょうね。

ご存知のように、漢方薬は長い年月かけて生薬の配合が
確立されてきたものです。

この間色々と副作用があったのを配合を変えることで、副作用が
出ないように工夫されてきたのです。
数百年という長い歴史の中で、副作用を出さない配合を確立して
きたのが漢方薬と言えるのですね。

でももちろん、人によっては合わない方がいるのも事実ですよ。

今回は育毛のブログのくせに、育毛とは関係ないですね。 m(__)m

ですから、漢方薬で育毛を行うのに、直接的な抜け毛を抑える
漢方薬にならないのです。

ハゲになった状態を把握してそれを改善する薬を使うのが、
漢方薬での育毛です。

そのような訳で、腎の機能を高めて育毛効果に結びつける為の
漢方薬が、
海馬補腎丸(かいまほじんがん)
なのですね。




↓ぜひ、ポチッと応援宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方での育毛

頭がハゲていると精力が強くスケベ?

頭がハゲていると精力が強いというイメージがあります。
スケベオヤジの印象が、前頭部から頭頂部にかけてハゲている
中年の男性…
このキャラクターが一般的ですよね。

でも、本当に頭の髪が薄いと、精力が強いのでしょうか?

東洋医学の考え方で、髪は腎の働きによって影響されると
言われます。

腎は生命の根源を司っているとされる働きがあり、精力も
腎の影響を受けています。

髪が薄くなってくると言うのは、腎の働きが弱くなっていると
言うことでもある訳ですよね。
では、腎の働きが弱っているとされる、髪が薄くなっている人は、
当然精力も弱ってないとおかしいです。

まるで正反対の意見ですね。

私が思うに、ハゲている人がスケベ(精力が強い)ではなく、
男性型脱毛の場合、男性ホルモンの影響が強く出て脱毛が
進んでしまうことに加え、スケベな人は男性ホルモンが強い
印象が付きまとっている為に、

スケベ⇒精力が強い⇒男性ホルモン⇒頭がハゲている

という考え方の流れが出来てしまったのではないでしょうか。

実はハゲている人はそうでない人に比べ、精力は弱いと思います。
もちろん全ての人に当てはまるわけではないので、比較的にという
ことですがね。

そして、何事にも消極的な方が多いようにも思います。
ハゲていることのコンプレックスがそうさせるのか…

やはり精力が不足して精神的に元気がないようですね。

東洋医学的な見方は合っているのかもしれません。

ハゲから髪の毛を取り戻した方を見ると、実に性格まで変わった
ように生き生きとして、何事にも積極的取り組んでいくように
なる人が多いのもそのせいでしょうか。

髪の毛を取り戻す育毛の作業が、実は腎の働きを活性化して
元気を取り戻すことになっているのではないでしょうか。


腎の働きを活性化させる漢方薬です。

海馬補腎丸(かいまほじんがん)


精力減退を回復させ滋養強壮に役立ちますよ。

漢方のことなら【三牧ファミリー薬局】

漢方薬を色々と取り扱っています。
ぜひ参考にしてください。




↓ぜひ、ポチッと応援宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
posted by toki | Comment(1) | TrackBack(0) | 漢方での育毛

漢方薬での育毛効果

漢方薬で育毛剤はないのかとよく聞かれます。

残念ながら漢方薬では育毛を専門にした薬は聞いたことが
ありません。

東洋医学では、髪は腎の影響を受けるとされています。
腎とは、西洋医学で言うところの腎臓のことでもありますが、
東洋医学では臓器としての腎臓よりも、その機能をさしています。

ただ、西洋医学での腎臓の機能と東洋医学での腎の機能とは
一緒ではありません。

東洋医学での腎の機能と言うのは、生命の根源をさしている
ようですね。
親から受け継がれたものを「先天の精」として内蔵して、
食べ物から作られる血という燃料に点火する種火のような
役割があります。

この着火した血と肺によって外から取り込まれた気とを
一緒にして全身に行き渡らせることで、人間が活発に
活動できるのです。

そしてまた次の世代へ受け継いで行くので、遺伝子を保存して
いるような考え方も腎の働きとして成り立ちますね。

すなわち腎は、生命活動のもっとも基本になる位置づけなのです。

髪の他にも、骨や歯も腎の影響を受けます。

ですから漢方薬で抜け毛に有効なものは、この腎の働きを
良くするものになります。

ただ、髪の毛のために作られたわけではありませんので、
疲労回復や精力の減退などに効き目があるものになります。

漢方薬の中で、海馬補腎丸(かいまほじんがん)と言うのが、
腎の働きを良くする効果があります。

海馬補腎丸(かいまほじんがん)詳しくはこちらから


もちろんこれは薬ですから、薬局でしか手に入りません。
薬局のリンクを張っていますので、興味のある方はよく見て
ください。




↓ぜひ、ポチッと応援宜しくお願いします!
人気ブログランキングへ
posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方での育毛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。