最近の記事



パーマの弊害

薄毛をごまかすのにパーマをかけて髪の毛にボリュームを
出す人が多いことでしょう。

パーマは髪を傷めるとか、パーマをかけるとハゲるとか
言われているのに何故かパーマをかけてしまいます。

実際にパーマをかけた人が、余計に薄毛が進行したとか
髪が傷んだとか多数報告があるにもかかわらずですね…

パーマに使用するパーマ液はとても強力な薬剤です。

髪の毛の結合をぶった切ってカールさせ、
再び髪の結合を再生させる役目があります。

はっきり言うと、髪の毛はボロボロの状態になります。
後でトリートメントをして髪の毛を補修しますが、
薬剤の影響はどうしても残るのですね。

パーマをかけすぎると、髪質は悪くなってしまうのは
このためです。

そしてこのパーマ液は頭皮に付けると当然頭皮を
傷めてしまいます。
これは抜け毛を発生させるには十分な影響力です。

ですからパーマを薄毛のごまかしとして使うと、
やればやるほど薄毛は進行して髪質は悪くなります。

特に円形脱毛症の人は絶対にパーマはかけないようにしましょう。
円形脱毛症は頭皮にトラブルが発生している場合が多いので、
もしパーマ液が頭皮に付いたら、一気に髪の毛が抜け落ちる
可能性もありますよ。

薄毛の対処はごまかしではなく、キチンと育毛を行うことで
解決するほうが絶対に良いですよ。

ごまかしはいずれ隠し切れなくなりますからね…



↓ぜひ、ポチッとランキング応援も宜しくお願いします!
blogram投票ボタン

posted by toki | Comment(0) | TrackBack(0) | 頭髪全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。